お気軽にお電話ください 048-945-0555 お問合せフォーム(24時間受付)

井澤 友郭(いざわ ともひろ)

井澤 友郭(いざわ ともひろ) こども国連環境会議推進協会(略称JUNEC)事務局長
公共ネットワーク機構理事
大阪大学院招聘研究員
ワークショップデザイナー
LEGOⓇSERIOUS PLAYⓇ公認ファシリテーター

 

プロフィール

2003年から「持続可能性」や「危機管理」をテーマに、ノンフォーマル教育プログラムの開発を行う。
課題解決やキャパシティビルディングなどのワークショップを年間150回以上開催し、延べ1万人以上の社会人・学生を育成。

 

領域

人材開発
21世紀型能力開発
SDGs
レジリエンスな組織開発
ビジョン形成
理念浸透 など

 

テーマ:17の持続可能な開発目標(SDGs)

2015年9月の歴史的な国連サミットで採択した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられました。

 

持続可能な開発目標(SDGs)

 

SDGs×LEGO=誰一人取り残さない世界をつくるワークショップ

レゴブロックやカードゲームを用いたワークショップで、持続可能な開発目標を学びながら、誰一人取り残さない世界・社会の実現に向け、個人・組織・企業が考えなければならない目標を考察・構築します。

 

学びの特徴1学びの特徴1:プレイフルで対話的な学び
カードゲームとレゴというツールを使うことで、課題解決に向けた「交渉」や「対話」、そして「ふりかえり」を、楽しみながら深く主体的に実践できます。(プレイフルな学習プログラム)

 

学びの特徴2学びの特徴2:リアルな体感で視座を上げる
自分の行動が世界に影響を与えるということ、持続可能な社会とは何か?ということをゲームを通してリアルに体感し、視座を世界視点に上げることにつながります。

 

学びの特徴3学びの特徴3:体験の言語化と共有
体験のレゴを活用して言語化し、さらにそれを語りながら共有することで、自分の体験を自分で意味づけし、自分軸や自己理解、他者理解、そして合意形成の経験を主体的に獲得できます。