お気軽にお電話ください 048-945-0555 お問合せフォーム(24時間受付)

山本 昌(やまもと まさ)

山本 昌 (やまもと まさ)
球界のレジェンド

 

「球界のレジェンド」の異名を持ち数々の大記録を達成してきた名投手で、現役32年を中日ドラゴンズー筋で活躍してきたフランチャイズプレイヤー。

 

1984年に日本大学藤沢高校からドラフト5位で入団。入団3年目までは1軍で勝利を挙げることが出来ずにいたが、入団4年目のアメリカ留学を機にオ能が開花。シーズン途中に帰国するとすぐさま1軍に定着し無傷の5連勝でリーグ優勝に貢献する。その後はチームのエースに成長。3度の最多勝に輝き、1994年には投手最高の栄誉である沢村賞を受賞。2006年には史上最年長41歳でのノーヒットノーランも達成し、以降も数々の歴代最年長記録を樹立してきた。

 

2008年には通算200勝を歴代最年長の42歳で達成。2015年に史上初の50歳での登板を最後に惜しまれつつも現役を引退した。50歳での現役、プロ生活32年、実働29年はいずれも歴代最長で、プロ湮算219勝のうち半分以上の140勝を30歳以降に記録。また40歳以降でも46勝を挙げた記録にも記憶にも残る名投手として知られる。

 

引退後は野球解説者・スポーツコメンテーターとして活動する傍ら、自らの経験を基に講演会の講師としても活躍中。また現役時代からの趣味であるラジコンや競馬、昆虫採集など多彩な分野でも活躍している。特にラジコンでは2002年に全日本選手権で4位に入賞するなどプロ顔負けの実力を発揮。2017年には初の冠番組「山本昌のラジコン道場」(フジテレビONE)が放送されるなど持ち前の明るいキャラクターを活かして野球以外の様々な分野で活躍中。

 

プロフィール

1965年8月11日生まれ
神奈川県茅ヶ崎市出身
188cm/87kg・左投左打

 

経歴
日本大学藤沢高校 .中日ドラゴンズ(1984〜2015)

 

適算成績
581試合219勝165敗5セーブ 防御率.345

 

受賞歴
獲得タイトル
最多勝:3回
最優秀防御率:1回
最多奪三振:1回

 

表彰
沢村賞:1回
最優秀投手:2回
月間MVP:8回
ベストナイン:2回
最優秀バッテリー賞:1回
セントラル・リーグ特別賞
セントラル・リーグ功労賞
優秀JCB.MEP賞:1回
「ジョージア魂」賞 Bi-weekly賞:3回
「ジョージア魂」賞特別賞:1回

 

その他
グッドエイジャー賞
茅ヶ崎市民栄誉賞

 

趣味
ラジコン(2002年には全日本選手権で4位入賞の腕前)
スーパーカー(これまでに多くのフェラーリやランボルギーニを所有)
競馬(2017年には一口馬主を務めるアルアインが皐月賞を制覇)
昆虫採集(主にカブトムシやクワガタ)

 

出演

日本テレビ『NEWSZERO』野球解説
東海テレビ『ドラHOT+』レギュラー
東海テレビ『みんなのニュースONE』レギュラー
関西テレビ『みんなのニュース報道ランナー』レギュラー
東海ラジオ『ドラヂカラ!!』レギュラー
東海テレビ『野球中継』解説
日本テレビ『野球中継』解説
東海ラジオ『東海ラジオガッツナイター』解説
ニッポン放送『ニッポン放送ショウアップナイター』解説
ニッポン放送『日曜競馬ニッポン「山本昌のスクリュー馬券」』
フジテレビONE『山本昌のラジ魂道場』
中日新聞解説
日本経済新聞『サウスポーの視点』連載中
日本テレビ『アナザースカイ』
日本テレビ『おぎやはぎの愛車遍歴NO『CAR,NO LIFE!』など

 

著書

『133キロ怪速球』
『継続する心』
『進化』※山崎武司との共著
『悪あがき』
『覚悟を決める心:山本昌語録』
『山本昌という生き方』
『奇跡の投手人生50の告白:悔いはあっても後悔はない』
『ピッチングマニア:レジェンドが明かすこだわりの投球術』
『生涯現役論』※左山展生との共著

 

広告

さなる予備校
愛知県国民健康保険団体連合会
名古屋市長選
大和ハウス工業『アメリカでも』編
愛知県高齢者交通安全広報
エイチーム『ダービーインパクト』
バンダイナムコエンターテイメント『プロ野球ファミスタクライマックス』
グリボー『モットンジャパン』
ユニクロ『ユニクロ名古屋店』
サントリー『ザ・プレミアム・モルツ』

 

講演

・「継続する心」
誰でも同じ環境で同じパフォーマンスを続けることは簡単ではありません。プロ生活32年を1つの球団で活躍し続けたフランチャイズプレイヤーでもある山本昌が自身の経験から1つ場所で1つのことをやり続ける力。またそこで結果を残し続けることの難しさと常に向上心を持ってやり続ける難しさをお話し致します。

 

・「今の自分が未来の自分を作る.準備することの大切さ」
50歳までプロ野球選手として活躍した山本昌も中学校までは補欠、プロ入り後も数年は結果が残せなかった。しかし腐ることなく日々の努力を怠らなかったことでチャンスに巡り会えた時にそのチャンスを掴むことが出来たのです。自身の経験から今の自分が未来の自分を作る、その大切さを未来ある若者に向けてお話し致します。

 

2016年講演実績約90件
一般企業、労働組合高等学校、大学、塾、予備校青年会議所自治体業界団体等